日本人ならお米!

お米の美味しい食べ方

お米を使ったヘルシーな朝食レシピ

朝はなかなか時間や食欲がなく、栄養のある朝食が取れないという人も多いようです。
朝は脳をしっかり働かせるためにも、炭水化物中心の栄養の取れるメニューをいただきたいものです。
ヘルシーで栄養たっぷりのお米は日本人の朝食にはぴったりなので、時間がなくても簡単にとれるレシピを紹介します。
時間のない朝には作るもの食べるもの手間がかからないおにぎりがぴったりです。
具材を工夫すると、おにぎり一つで栄養が多く取れます。
ご飯にごま、しらす、梅干、炒めた大根菜を加えたおにぎりや、細かく切ったチーズと鰹節を醤油で和えてにぎったおにぎりなど、冷蔵庫にある具材で簡単に出来るものがオススメです。
また夏場の食欲がないときは、冷たいお茶漬けなどはいかがでしょうか。
夏には冷蔵庫に麦茶を常備している家庭も多いので、ご飯にうめぼしや鮭フレークなどの好みの具材を載せて冷たい麦茶をかけるだけで冷やし茶漬けがすぐに作れます。
海苔やねぎ、わさびなどの薬味を加えても食欲アップ効果が期待できます。

お米のレシピを試す優先順位

お米のレシピと言われても、人によってイメージするものは違いますよね。
そのくらい、メニューはたくさんあるわけです。
調べてみても、何から作ればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。
そんな時には、余ったお米でできるレシピから試してみてはいかがでしょうか。
炊きすぎて余ってしまったご飯も、それをおいしくする為の方法を知っていれば、食事をもっと楽しいものにできるからです。
傾向から言うと、多いのはチャーハンなどの炒める料理や、リゾットやドリアなどですが、アレンジの方法によって、幾つもの種類を作ることができるので、飽きがきません。
ご飯を炊く時に余ってしまったらどうしようと思うことは多々ありますが、最初から多めに作り、冷凍保存しておくことで、いつでも使える状態にできます。
これらのレシピのメリットは、炊きたてでも、冷凍したご飯でも味を劣化させることがないということです。
活用の幅が広いので、ただ作って楽しむだけではなく、食材の使い方も上手くなれるのではないでしょうか。

pickup

2017/1/27 更新

COPYRIGHT(C) 2015お米を食べようALL RIGHT RESERVED